70日間で真の管楽器修理技術者になる!

管楽器修理道場 2017年 秋期生募集開始!

・サックスなど管楽器リペアマンとして独立起業を目指します。 
・中途半端で諦めないよう、徹底サポートします。

管楽器修理道場とは・・・

ハセカンでは2010年5月より秋葉原営業所においてサックス・フルート・クラリネット等管楽器専門リペアマンを目指す方のために、管楽器修理道場を開始しました。
現在、4名/年間の少数精鋭で懇切丁寧に指導させていただいております。

当道場をひとことで言うならば、実技主体に短期間(6か月中70日の研鑽日)で技術を習得できる
真の管楽器リペアスクールです。
「職人はまず手を動かそう!体で憶えよう!」
これは一見時代錯誤のようですが、真実なのです。
無論管楽器リペアビジネスはお客様あってですから、対人関係は重要でしかも一定の営業センスが求められます。しかも、お客様の信頼を得るためには、技術の裏付けが絶対に必要なのです。
70日間(期間は6カ月)で管楽器のリペア技術を習得するためには、徹底して無駄を省き、実業に必要な事柄を凝縮し集中して打ち込まなければなりません。
2日目からの分解・組上げ9日目からのサックスオーバーホールなど、
他に類を見ない方法で実施しておりますので、指導される方もする方も毎日が真剣勝負です。

実際、サックスなど管楽器修理の仕事の中では「調整」という作業が圧倒的に多いわけですが、
「オーバーホールができなくて調整ができるはずがない」
これが私の持論です。

というのも、
かつての修理業は、工場ですべての製造過程を頭に叩き込み、その技術を自分なりに工夫して身につけ、ようやく職業として確立してきたという経緯があります。

つまり、管楽器修理技術者「リペアマン」のスキルとは、
根本的なサックス等管楽器の構造を理解し、一つ一つのパーツを吟味し、丁寧に組み上げられることが、管楽器修理技術者「リペアマン」に最低限求められるスキルであり、ひいては、お客様の細かいニーズにも応えられることが最大限のスキルであります。
具合の悪そうなところを「いじって」「マシにする」のは調整とはまったく言えないのです。

「真の技術を身につけプロ管楽器リペアマンとして生計を立てる!」

そんな夢を持つあなたには実際の修理の現場で学べる当道場こそふさわしいとは思いませんか?
現在のお仕事に悩みのある方、手に職をつけ「管楽器リペアマン」として独立起業を目指したい方、当社代表 修理歴30年超の長谷川 仁が懇切丁寧に徹底指導させていただきます。
hase_dj.jpg

修理道場 カリキュラム紹介 Ⅰ~Ⅲ期 

Ⅰ 土台固め 篇 1~20日

管楽器修理人として身を立てる為の土台をがっちり固める期間です。
単に楽器を直すのではなく、使う人の身になって愛情を注ぐ仕事の仕方を学びます。
もちろん、この精神論だけでなく職人の素地を養う鍛錬も徹底して取り組んでいただきます。初期からの分解組上げクリアは当道場ならでは。
修理人としての基礎が養えうのは、この20日間頑張り抜くかどうかです、キッチリサポートしますので安心してついてきてください。


<実施項目>
修理人心構え・管楽器ビジネス概論
治工具製作 ハンダ付、ロー付
治工具加工 ヤスリがけ
本管(フルート、クラリネット、サックス)分解組上げ
キィメカニズム徹底理解
材質加工法研究

Ⅱ 修理人人生の開眼 篇 21日~50日

土台が完成したあなたは「新しい人生」へ向けた次のステージに躍り出ます。
中盤30日間は分解組上げで手が覚えた工程に、さらなる調整スキルの肉づけを確実に会得していきましょう。楽器による得手・不得手の克服もこの時期に目指します。

<実施項目>

フルート
分解、組上げ、みがき、ケース掃除、タンポ調整(アイロン・調整台紙使用)バネ調整、ヘッドコルク交換
サックス
分解、組上げ、みがき、ラックのせ、タンポ調整(ラック使用)鍵管曲がり修正、針バネ交換、ネックコルク交換、ベル・U字管・2番管ラック、ヘコ直し

クラリネット

分解、組上げ、キィみがき、ラックのせ、タンポ調整(ラック使用)、針バネ交換、ジョイントコルク交換、キィコルク交換、管体割れ修正

トロンボーン
スライド調整、ロータリー調整

トランペット ピストン調整

Ⅲ ハセ管流 免許皆伝 篇 51日~70日

最後の20日間は当道場でしか学べない特別講義を中心に構成されます。楽器により修理の力点の置き方は異なる部分があり、仕上げ部分で徹底的にこだわらなければいけないポイントもあります。こうしたポイントについても最後まで集中して学んだあなたは、当道場出身修理人として「信頼を集めるプロの技術者」として出発できると確信いたします。

フルート   調整法特別講義(近道伝授)
サックス   調整法特別講義(ポイント徹底追求)
クラリネット 調整法特別講義(管体割れ特別修理)
トロンボーン 調整法特別講義(スライド目視調整徹底追及)



管楽器修理道場 2017年 秋期生募集要項

募 集 学 科
管楽器リペア技術学科
修 得 期 間
全過程6ヶ月・週3日制

指 導 曜 日

月・水・木曜日 計70日間

時   間
AM11:00~PM6:00

募 集 人 数
定員 4名/年間 2017年 秋期生 募集中
年   齢 18歳以上 上限なし  (会社都合等でやむなく退職した方でも、やる気ある方なら大歓迎いたします!)
費   用 550,000円 (税込み・授業料・実技設備費・工具代※含む・・・原則一括前払いにて)
※ドライバー、ハンマー等の必要最小限の工具です。尚、オプションとなる工具もあります。
受 験 資 格 高等学校卒業以上の学歴を有し管楽器修理スキルを身につけ、管楽器工房設立を志す方(年齢不問)
選  考 面接のみ
面接受験料 無  料
面 接 予 約 下記フォームのほか、電話・メールにてご予約できます。
電話予約 03-3200-3920 (又は 090-2206-2600 長谷川)
メール:info(a)hasekan.com (a)を@に変え、【件名】を 「道場面接申し込み」としてください。
合 格 発 表 面接実施日より5日以内に郵送にてご通知